読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.Netでソケット処理のメモ

IT・コンピュータ
  • TcpListener(サーバ),TcpClient(クライアント)クラスを使う。
  • NetworkStermは、StrermReader,StreamWriterに接続する。
  • StrermReader.Readline(),StreamWriter.Writeline()を使いデータを行単位にすると便利(可変長のテキストコマンドに対応できる)
  • 受信はワーカスレッドでする。1行受けたらコールバック関数(デリゲート)に渡す。
  • コールバック関数は別スレッドで動作しているので、WindowsFormにアクセスする際はスレッドセーフにすること(方法 : Windows フォーム コントロールのスレッド セーフな呼び出しを行う

ネットワークでコマンド送受信は、こんなのでできそうだな。
バイナリのときは、BinaryReader,BinaryWriterを使う。当然バイト数やデータのチェックはしないといけない。